静岡茶匠の逸品

本山 品種・奥光

本山 品種・奥光

濃く艶のある美しい茶葉と深いコクが特長の山のお茶。穏やかで丸みのある味とスパイシーさを感じる香りが特長。霧が立ち込める奥深い山間地で育てられた

品種はおくひかり。昭和39年、静岡県茶業試験場で「やぶきた」と中国品種である「静Cy225」の交雑から選抜された品種。昭和60年に育成された。やぶきたより摘み取りが数日遅い晩生品種。葉が濃緑色で非常に光沢があることや山間地向けの特性から、山間地茶業の光明となることを期待してこの名が付けられた。

にごりがなく透明、黄金のような水色は凛と美しい。背筋が伸びる気持ちになる。飲み口はすっきりとクリア。その透明感を何度でも味わいたくなる。山育ちならではのスパイシーな香気がスッと体に染み込み、深い霧とフレッシュな山の空気を感じられる。

すっきりした味わいはフルーツとの相性もバツグン。軽い朝食のお供にどうぞ。

製 法:
浅蒸し
内容量:
15g
産 地:
本山
茶 師:
鈴木洋太郎
旨み
●●●
渋み
●●●
香り
●●●●●
販売価格
540(税込)

商品を探すページに戻る

お茶の淹れ方

    1. 1 お茶の葉を急須に入れる(1人分:3g)
    2. 2 60℃~70℃のお湯を注ぐ(150ml)
    3. 3 1分から1分半ほど待つ
    4. 4 湯呑みに少しずつ注ぐ(最後の一滴まで)

    急須に茶葉と氷水を入れ茶葉が開くまでじっくり待って淹れると、さらに甘みのある茶が楽しめる

商品を探すページに戻る

page top