静岡茶匠の逸品

鈴木 品種・福みどり

鈴木 品種・福みどり

御前崎は日本屈指の日照量を誇る。雪を知らない海洋性気候、周囲を大海原に囲まれた岬町だ。太陽と海の恵みをいっぱいにあびて育った茶は、静岡県の中で最も早く新茶の摘み取りが行われる。

品種はふくみどり。「やぶきた」と「23F1-107」の交配品種。23F1-107は「さやまみどり」と「やぶきた」の交配品種でもある。埼玉県茶業試験場(現・埼玉県農林総合研究センター特産研究所)で、農林水産省の茶育種指定実験事業により育成され、1986年に登録された。まるく品格のある特長から名付けられた。主な生育地は埼玉県で、静岡県内では珍しい品種。

爽やかな香りは若葉のよう。飲んだあとスッと青い香りが突き抜けていく。まろやかな味はそれ単体がスイーツのようだ

製 法:
深蒸し
内容量:
15g
産 地:
御前崎
茶 師:
鈴木進悟
旨み
●●●
渋み
●●●●
香り
●●●
販売価格
540(税込)

商品を探すページに戻る

お茶の淹れ方

    1. 1 お茶の葉を急須に入れる(1人分:3g)
    2. 2 70℃~80℃のお湯を注ぐ(150ml)
    3. 3 すぐに少しずつ注ぐ(急須に3割ほど残すまで)
    4. 4 急須を約30秒まわす
    5. 5 湯呑みに少しずつ注ぐ(最後の一滴まで)

    高温の湯で淹れると香りが引き立ち、低温で淹れると甘みが楽しめる

商品を探すページに戻る

page top