静岡茶匠の逸品

やまちょうの吉兆

やまちょうの吉兆

黄金の国「ジパング」の美の源流は金のかがやき。金は古来より五臓六腑の機能を高め、不老長寿の媚薬として珍重された。芽のやわらかい一番茶に、金箔の本場・金沢の金箔を贅沢にブレンド。湯呑みの中で金粉がキラキラかがやく幻想的な姿は、日常を忘れ、至福のひとときを味わうことができる。

品種はやぶきた。1953年に登録された品種で日本で栽培されている茶の約75%を占める。漢字では「薮北」と書く。1908年、静岡県の茶農家・杉山彦三郎が自己が所有する竹薮を切り開いた茶園から優良な品種2本を選抜した。薮の北側から選んだ1本を「やぶきた」、南側から選んだ1本を「やぶみなみ」と名付けた。2本の茶樹の実験と観察を続け「やぶきた」が霜に強く従来の品種よりも早い4月下旬から5月上旬に安定して一番茶の収穫ができることが分かった。約50年後、静岡県の奨励品種に指定されたことをきっかけに急速に普及し現在に至る。

濃い緑のきれいな深蒸し茶に、煌びやかな金粉が舞う。味わい深いのはもちろん、その姿は縁起が良い。「ハレ」の場にふさわしい逸品だ。贈答品として、また、お祝いごとや年末年始など。自分へのご褒美へもおすすめ。"

製 法:
深蒸し
内容量:
15g
産 地:
茶 師:
鈴木康之
旨み
●●●●
渋み
●●●●
香り
●●●
販売価格
540(税込)

商品を探すページに戻る

お茶の淹れ方

    1. 1 お茶の葉を急須に入れる(1人分:3g)
    2. 2 70℃~80℃のお湯を注ぐ(150ml)
    3. 3 すぐに少しずつ注ぐ(急須に3割ほど残すまで)
    4. 4 急須を約30秒まわす
    5. 5 湯呑みに少しずつ注ぐ(最後の一滴まで)

    高温の湯で淹れると香りが引き立ち、低温で淹れると甘みが楽しめる

商品を探すページに戻る

page top