静岡茶匠の逸品

やまちょうの森の粋

やまちょうの森の粋

「粋(すい)」とは混じりけのないこと。遠州の小京都・森町の製茶問屋「ヤマチョウ」の混じりけのない純粋な美味しさを追求した茶だ。香り高く味わいや風味が深く、一口飲めば心身が癒される。

品種はやぶきた。1953年に登録された品種で日本で栽培されている茶の約75%を占める。漢字では「薮北」と書く。1908年、静岡県の茶農家・杉山彦三郎が自己が所有する竹薮を切り開いた茶園から優良な品種2本を選抜した。薮の北側から選んだ1本を「やぶきた」、南側から選んだ1本を「やぶみなみ」と名付けた。2本の茶樹の実験と観察を続け「やぶきた」が霜に強く従来の品種よりも早い4月下旬から5月上旬に安定して一番茶の収穫ができることが分かった。約50年後、静岡県の奨励品種に指定されたことをきっかけに急速に普及し現在に至る。

古くから「娘やりたやお茶摘みに」と浪曲に謡われる、香り若い森の茶。四季を通じて恵まれた気候、水はけのよい土質、川霧立ち込める山間。茶を栽培するには最高の環境だ。「粋(すい)」は「粋(いき)」とも読む。さっぱりした気立てで、あかぬけがし、色気もただようこと。この茶は、最高の環境で育てられた茶を純粋に美しく仕上げられ、そして色気もただよう「粋」である。

製 法:
深蒸し
内容量:
18g
産 地:
茶 師:
鈴木康之
旨み
●●●●●
渋み
●●●●●
香り
●●●
販売価格
540(税込)

商品を探すページに戻る

お茶の淹れ方

    1. 1 お茶の葉を急須に入れる(1人分:3g)
    2. 2 70℃~80℃のお湯を注ぐ(150ml)
    3. 3 すぐに少しずつ注ぐ(急須に3割ほど残すまで)
    4. 4 急須を約30秒まわす
    5. 5 湯呑みに少しずつ注ぐ(最後の一滴まで)

    高温の湯で淹れると香りが引き立ち、低温で淹れると甘みが楽しめる

商品を探すページに戻る

page top