静岡茶匠の逸品

森島 品種・さえみどり

森島 品種・さえみどり

蒸し製玉緑茶はその形状から「グリ」とも呼ばれる。生葉をじっくり時間をかけて芯まで蒸す深蒸しの製法のひとつ。通常の深蒸し茶との一番大きな違いはその見た目だ。荒茶製造工程において茶葉の形を整える「精揉(せいじゅう)」がないため、玉のように葉がぐりっとした形になる。また、生葉を傷めにくい製法のため、茶の成分が浸出しやすい。渋みをおさえた茶本来の味を引き出すことができる。ちなみにグリ茶はその形状からの愛称で、正式名称は「蒸し製玉緑茶」という。

品種はさえみどり。昭和44年に「やぶきた」を母に「あさつゆ」を父として交配した中から選抜した品種。やぶきたよりも摘採期が早い。優れた品質をもち、早生品種の中ではバツグン。明るく冴えた鮮緑色と上質な香気。渋みが少なく旨みがある。両親である「やぶきた」「あさつゆ」と比べてもひけをとらない。冴えがある色沢、新葉の鮮やかな緑色から命名された。

カネキチ森島園では、食・人・環境の安全に勤めている証「ASIAGAP」を取得している。地元の子どもたちにお茶摘み体験を開催するなど積極的だ。また、生産者ではほとんど保有している者がいない「日本茶インストラクター」の資格も所有している。数々の受賞歴や茶の振興に対する積極的な姿勢。優れた品質はもちろん、優れた人材をも誇るカネキチ森島園の珠玉の一杯を楽しんで欲しい。

製 法:
蒸し製玉緑茶
内容量:
15g
産 地:
磐田
茶 師:
森島康博
旨み
●●●●
渋み
●●●
香り
●●●●
販売価格
540(税込)

商品を探すページに戻る

お茶の淹れ方

    1. 1 お茶の葉を急須に入れる(1人分:3g)
    2. 2 70℃~80℃のお湯を注ぐ(150ml)
    3. 3 すぐに少しずつ注ぐ(急須に3割ほど残すまで)
    4. 4 急須を約30秒まわす
    5. 5 湯呑みに少しずつ注ぐ(最後の一滴まで)

    高温の湯で淹れると香りが引き立ち、低温で淹れると甘みが楽しめる

商品を探すページに戻る

page top