静岡茶匠の逸品

東京都知事賞受賞茶

東京都知事賞受賞茶

東京都優良茶品評会において、東京都知事賞を受賞した至高の逸品。東京都優良茶品評会とは、東京都茶協同組合が主催する品評会だ。大消費地でもある東京都を中心とする茶の需要に適した名産地の特長を備えた優良茶を選定し、消費の拡大・生産技術の向上に資することを目的としている。応募された多数の茶葉から最も優れたものを見極める目を持つ審査員が厳正に審査をする歴史ある大会だ。受賞をするのは簡単ではない。茶の風味は、土地や各業者の個性で相違する。原料となる茶葉の内容、仕上げ技術等も異なる。その中で、香気よく、水色よく、味よく、と三拍子揃った火入れ技術。味だけでなく外観をも美しく魅せる技術。すべての行程で評価を得ることが必要だ。

品種はやぶきた。1953年に登録された品種で日本で栽培されている茶の約75%を占める。漢字では「薮北」と書く。1908年、静岡県の茶農家・杉山彦三郎が自己が所有する竹薮を切り開いた茶園から優良な品種2本を選抜した。薮の北側から選んだ1本を「やぶきた」、南側から選んだ1本を「やぶみなみ」と名付けた。2本の茶樹の実験と観察を続け「やぶきた」が霜に強く従来の品種よりも早い4月下旬から5月上旬に安定して一番茶の収穫ができることが分かった。約50年後、静岡県の奨励品種に指定されたことをきっかけに急速に普及し現在に至る。

開封をしたら、まずその茶葉をじっくりと見てほしい。触ってみてほしい。お湯を注ぐときの音を聴いてほしい。そこから立ち上がる香りを吸い込んでほしい。そして、最後に美味しく味わってほしい。すべての行程で最高の評価を得た、この茶をどうぞご賞味あれ。

製 法:
深蒸し
内容量:
7g
産 地:
茶 師:
鈴木洋太郎
旨み
●●●●●
渋み
●●●●●
香り
●●●●
販売価格
540(税込)

商品を探すページに戻る

お茶の淹れ方

    1. 1 お茶の葉を急須に入れる(1人分:3g)
    2. 2 70℃~80℃のお湯を注ぐ(150ml)
    3. 3 すぐに少しずつ注ぐ(急須に3割ほど残すまで)
    4. 4 急須を約30秒まわす
    5. 5 湯呑みに少しずつ注ぐ(最後の一滴まで)

    高温の湯で淹れると香りが引き立ち、低温で淹れると甘みが楽しめる

商品を探すページに戻る

page top